ペット衛生管理の豆知識:ペットの熱中症

夏前のペットの熱中症に注意!

熱中症になるのは夏、と思っている方も多いと思います。でも人間同様 ペットでも春先から熱中症のような症状にかかる子がいます。今の季節は確かに本格的な夏ほど高温になることはありませんが、朝晩と日中の温度差が大きく、1日1日の寒暖の変動幅が非常に大きいことがあり、それがペットの体に負担になります。

特に心臓などの循環器や気管や肺などの呼吸器系の病気を患っているペットでは、注意が必要です。外に出るとき以外 暖かくなりがちな室内にいることで、温度変化に適応しづらい体質になっており、呼吸器や循環器に大きな負担がかかります。

また、気をつけていただきたいのが、お留守番のときの環境です。朝出かけるときは冷えていても、日の当たる閉めきった室内では、一気に室温が上がってしまいます。体もまだ暑さに慣れていないため、過ごしやすい時期であっても、お留守番のときには窓を開けたり、エアコンをつけたりして、温度管理に気を配ることが大切です。

熱中症になると、ペットは呼吸が早くなったり、荒い呼吸をするようになったり、ひどくなるとぐったりとしてきます。
熱中症を疑う場合は、応急的にすぐ体を冷やすことが重要ですが、夏前の時期では、持病なども影響し、必ずしも体温が上がっているとは限らないため、より適切な処置をするためにも、かかりつけの動物病院に相談して指示を仰ぎましょう。

⇒ ホーム
⇒ ペット衛生管理の豆知識<目次>