ペット衛生管理の豆知識:ペットの暑さ対策

ペットが暑い夏を快適に過ごせるように、様々な工夫をしましょう!

梅雨が終われば、もうすぐ暑い暑い夏がやってきます。被毛に覆われているペットたちは、暑さに弱い生き物です。なので夏の暑さ対策はとっても重要。ペットができるだけ快適に夏を過ごせるように、効率的な暑さ対策をしてあげましょう。

夏は留守中でもエアコンはつけっぱなしで室内を涼しく保つようにしましょう。犬の場合、快適に感じる室温は22℃位といわれています。この温度だと、人によっては寒いと感じる温度かもしれませんが、人が少し肌寒く感じる位の温度が犬にとって快適な温度といえます。ペットの種類によって適温がありますので、ペットに合わせた温度調整をしてあげましょう。室内の換気を行う場合は、2カ所以上の窓を開けると効率よく換気できます。

また、換気扇や扇風機・サーキュレーターなどを使って室内の空気を循環させましょう。サーキュレーターは天井に向けて回すと効率的に空気を循環させることができ、室内全体を涼しくすることができます。

レースや白の遮熱カーテンは、室内が暗くなりすぎず、窓からの直射日光を遮り、室内温度の上昇を抑えることができます。エアコンにも優しく節電効果がありますのでお勧めです。

この他、ペットがいつでも水が飲めるようにしておくことも大切です。室内に放し飼いのペットの場合は、新鮮な水を入れた容器を室内の複数カ所に置いておくとよいですね。

長い被毛をもつペットの場合は、毛を短めにカットして熱を逃がしやすくすることも、暑さ対策に有効です。

冷感マットを置いたり、水浴びや水遊びをさせたりして直接ペットの体を冷やすことも、効果があります。

外で飼っているワンちゃんの場合は、1日を通して、直射日光を遮る日陰を確保してあげることが重要です。また風通しをできるだけよくしてあげましょう。

犬の散歩は、早朝や夜などの涼しい時間帯にし、散歩時はいつでも水が飲めるように飲み水を持ち歩きましょう。そして散歩中もこまめな水分補給をしましょう。

いろいろ書きましたが、室内対策の基本は、エアコンの冷房をつけっぱなしにしておくこと。そしてできれば、換気扇・扇風機・サーキュレーターなどで冷気を循環させ、遮熱カーテンなどで直射日光を遮れば、効率よく室温を涼しく保つことができます。
ペットが快適に過ごせるように様々な工夫をして、節電も考えながら、暑い夏を乗り切りましょう!

⇒ ホーム