ペット衛生管理の豆知識:ワクチンの副作用

病気になるのは ワクチンアレルギーより怖いです

病気にかからないようにする、あるいはかかっても重症にならないようにするためには、ワクチン接種が有効です。でもご存じの通り、ワクチンには副作用があります。副作用が心配だから、ワクチン接種をしたくないという方もいらっしゃいますよね。でもこれは知っていますか。副作用の起こる確率は、病気になって死んでしまう確率よりずっと低いんです。狂犬病にかかればほぼ100%死亡、犬ジステンパーでは発病率25~75%、感染した動物の死亡率は 50~90%ととても高いことが知られています。一方で、ワクチン接種による副作用発生率は、症状が軽いのものも含め0.5%程度と言われています。

ワクチンの副作用のひとつであるワクチンアレルギーとは、ワクチンを打ったことにより起こる体の異常な免疫反応です。重篤な症状は打ってから1時間以内に出ることが多いですが、顔が腫れたり、全身をかゆがったり、何度も吐いたりなどは、数時間後に出ることもあります。これらのほとんどは、アレルギーを抑える注射を獣医さんに打ってもらうことで対応できますので、心配な方は午前中のワクチン接種をお勧めします(夕方に注射すると、動物病院がやっていない場合もあります)。副作用がでるかどうかの予測はできませんが、レプトスピラが入っているワクチンは副作用が出やすいと言われています。また、ミニチュアダックスフンドでの発症が多いと言われていますので、特に注意しましょう。

ですので、ワクチン接種は、体調のいい日に、接種後は安静にさせ、よく観察して様子を見守りましょう。

また、アレルギーが出たことがある子や持病のある子は、狂犬病の猶予証明書を出してもらったり、ワクチン接種をやめることもできますので、動物病院に相談しましょう。

⇒ ホーム
⇒ ペット衛生管理の豆知識<目次>