ペット衛生管理の豆知識:ペットのノミ対策

定期的なノミ駆除と同時に ペット住環境もきれいにしましょう!

ノミは哺乳類や鳥類に寄生する昆虫で、ペットの被毛の中に潜み、血を吸って生きています。吸血するときにペットに激しいかゆみを引き起こしますので、ペットには大きな精神的ストレスになります。大量寄生の場合は、吸血による貧血、ノミアレルギー性皮膚炎などを引き起こし、他のペットにうつしたりする恐れもあります。さらには、間接的な病害として、瓜実条虫(サナダムシ)や猫ひっかき病の原因になるバルトネラ菌を媒介したり、人間にも被害を及ぼします。このような被害を避けるためも、ペットには定期的にノミ駆除薬を投与しましょう。そして、同時に環境対策も実施しましょう。

ここでいう環境対策とはどういうことでしょうか?
ノミの成長は温度と湿度によって影響され、本来、気温が3℃以下になればノミの卵や幼虫は死んでしまいます。しかし、気温が13℃以上あればノミは繁殖が可能なため、暖かい家の中では、ノミは冬でも繁殖と寄生を繰り返すことができてしまいます。そのため、実際、真冬でもノミによる犬猫の被害がでています。
ノミは 卵→幼虫→さなぎ→成虫と成長しますが、動物に寄生しているノミ(成虫)は全体の5%に過ぎず、それ以外は未成熟のノミ(卵、幼虫、さなぎ)として環境中に生息しています。ノミの幼虫はカーペットの下やソファ、部屋の隅など、湿気が高く暗い場所を好み、食べこぼしやノミ成虫の糞などの有機物をエサにしています。
ですから、環境対策として、念入りに部屋に掃除機をかけたり、ペットの寝床やソファなどを清潔に保つことは、環境中のノミの絶対数を減らすためにとても重要です。

ペットを室内で飼っている場合にも、たまたま外に出たすきにノミが付いてしまったり、人が靴や服につけて外から持ち帰ってしまうこともありますので、ノミ対策をしておくことをお勧めします。

⇒ ホーム